×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脾粒腫

サイトマップ

脾粒腫という脂肪の塊

脾粒腫というほんの小さな脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)の粒が、目の回りにできることがあります。思うように取れずにずっと付着したままということもありますが、気づくと取れているということもあります。

顔に溜まった脂質という点ではニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)に似ていますよねが、脾粒腫は毛穴の詰まりから引き起こされます。大抵の場合、30歳以降から脾粒腫は見受けられるようになりますが、まれにお子さんにも可能な事もあります。首や頚部や脇の下に多発する2ミリくらいの肌色をしています。淡褐色のブツブツが多発する事もあるそうです。皮膚の一部分が脾粒腫になるので、悪性になる心配はありません。白髪と同様に年令とともに増加する人もいますが、年令の割に多い人も老人でもできない人もいます。

歳月の経過と共に脾粒腫が育って目につきやすくなるような場合もありますが、元々人に感染するような類のものではありません。治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を希望するなら皮膚科に行くといいでしょう。予想外に簡単に取り除けます。スキンタッグという呼び方もあります。体質を改善し代謝力をアップさせることで、脂肪が固まりにくくなるそうです。体質改善は一朝一夕に成すものではなく、脂肪を取り除くという対症療法的な対策とは違います。油脂の多い食べ物などを控えることや、適切なエクササイズなどを行いましょう。

アイケアの一環としてアイクリームで目の周囲の手入れをする事は、目の周りにある脾粒腫対策になります。

「下半身をダイエットしたい」について

下半身ダイエットはなかなか結果が伴わず苦労するエリアですね。モデルや女優の方のようなスタイルを目指すなら下半身に捉われず全身を意識してダイエットを行う方が効果が高そうでうすよ!

Copyright © 下半身をダイエットしたい. All rights reserved